思い出したこと

30年ほど前に癌で死んでしまった父の事を色々思い出した。

父はモノを自分で作るのが好きな人で、まず家族で住む家の
設計を大工さんと一緒にして、大工さんと一緒に工事をしたそう
参勤交代のサラリーマンだったのに(^0^)/

101015_1018_01.jpg
拡張子の変え方がわからないので携帯で撮っちゃった(^^;)
画像が汚い(^^;)

ささっ~と書いてみました。雑に…
こんな感じで屋根が反対になってて、たてゆか式
その当時珍しい地下室がありました。
内装とかも自分でしたんだと思う。

家の下には砂場があって雨の日でも外で遊ぶことができました。
私が生まれる前は砂場の前の庭が一面芝生だったそう。
私が知っているのは松の木・桜の木・趣味のさつき・その他樹木などなど
木と花でいっぱいでした。

反対向きの屋根はトタン製の屋根だったので何年かに一度 家族でペンキを塗るのです。
1日では作業できないくらいで…何平米の屋根だったんだろ

庭にあった両手で抱きしめるくらいの太さの八重桜 根っこが家の下まで伸び広がって大変なので
父と兄で切り倒しました。それは大変な大騒ぎ
さくら吹雪が見れなくなったのが残念だったけど、庭がすっきりしたなっって思ってた。
その年の暮れに父は他界してしまいました。

庭の木を切ってしまったから…  って誰かが言ってたような   うろおぼえだけど


思い出深い父の家  今はありません。 

7年前位に立て替えて、ぜんぜん違う家になってしまいました。
非常に悲しかったけれど、今は母と兄の家 

何でも作って壊れたら修理してモノを大事にしてた父
自転車も20年くらい同じもの乗ってたって聞いた。
今でもあの自転車おぼえてる。

姉の為の学習机とか棚とか椅子とか物干し台とかいろいろあったな~
家の裏の風景・部屋の中まで思い出した。

なつかしいな~


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あさりちゃんはお父さん似なんですねー。
きっと天国から、あさりちゃんの新しい家づくり、応援してくださっていたでしょうね。

お父さんが建てられたおうち、屋根がモダンでかっこいい!特に昔は目立っただろうなあ。

あさりちゃんの思い出の中にいつまでも残っているんですね。そういうの、いいな。

No title

ぴぃちゃん
 ありがと♪
 
プロフィール

あさり

Author:あさり
何かを作ることが小さい時から好き。

今は木工がいちばん好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR